標本番号四四四

■模様

 格子模様を上下に図案的に配する。

 格子とは、二本以上の垂線(縦縞)と水平線(横縞)を交差させた文様の総称。

■色

 模様部分は墨色。地色は左より灰色、曙色。

■織

 全面輪奈織(パイル織)。

 

●評

 格子模様によるおおらかな上部の輪違い、下部の井筒。墨色と曙色、灰色の対比の鮮やかさが美しい作品です。