標本番号四二八

下部は物差し 目盛は1ミリ
下部は物差し 目盛は1ミリ

■模様

 七宝模様(七宝繫ぎ)の中に花菱を配する。

■色

 地色は鮭色、七宝の楕円中心と花菱の中心部分は珊瑚色。七宝と花菱の外側輪郭線は藤色、内側輪郭線は楝色(おうちいろ)。

■織

 輪奈織(パイル織)の中に、七宝模様の中心部分と花菱の中心部分は輪奈織にするために横に織り込む銅線を通さない事により平面となっている。

 

●評

 何という鮮やかさでしょう。古典的な文様ですが明治の淑女だけではなく、2013年春のコレクションに如何ですか。