標本番号四二六

下部は物差し 目盛は1ミリ
下部は物差し 目盛は1ミリ

■模様

 円の中に花菱を配す。

 花菱は、菱形を花弁によって表した文様。中心よりおしべを表す棒状のものを四本、花弁の間に配置した文様を剣花菱や蔓花菱と名付けた。平安時代以降、非常に好まれたものの一つ。

■色

 地色は灰白色(かいはくしょく)。模様部分は薄紅(うすくれない)。

■織

 模様部分は輪奈織(パイル織)。地の部分は輪奈織にするために横に織り込む銅線を通さない事により平面になっている。

 

●評

 日本の伝統模様をあしらっていながら、何となく教会にかかっているタペストリーの様にも感じられます。ハイカラを意識して織られたのでしょうか。